学校独自の取組

1. 平成27年度 「2学年進路講話」

投稿日時: 06/29 システム管理者
 10月16日(金)2学年進路講話「高校生としての『旬』を生きる」
 教育未来研究会「そうぞう」の代表 村上育朗先生からの講話でした。
村上先生からは、毎年佐高生に向けて熱い話をいただいています。「凡事徹底」の大切さから、「文武両立」することの意味、そして、「今しかできない高校生としての『旬』を生きること」の重要性まで話されましたが、実は、それは単に大学合格を勝ち取るために大切なのではなく、将来の自分の人生に直結するものです。
 放課後の講話には、今年は80名ほどの生徒が参加しました。昨年の約2倍、視聴覚室はほぼ満席でした。