新着
ブログ
11/26
パブリック
日々の出来事
キャップハンディとは「障がいのある状態」の疑似体験を通して、 障がいのある人の身体状況や気持ちの一端などを理解することを 目的としています。   3年生家庭科の選択科目であるフードデザインの授業で 「キャップハンディクッキング」を行い、実際に車椅子、 視覚狭窄メガネなどを使って、皆で協力しながらパンケーキを作りました。     卵を溶く、生地を焼くなど普段何気なく出来ている動作も 障がいのある状態で行うのは大変なことです。 「卵はこれに割ってね」 「フライパン熱いから気をつけてね」 身振り手振りでお互いのハンディを補い合いながら 美味しいパンケーキが出来上がりました。     授業の感想は?   「コミュニケーションをとるのがとても大変でした。」   「普段、当たり前のように話し、聞き、歩いたりしているけれど、 周りにハンディを持つ人がいたら、この体験を活かしたいと思いました。」   自分にとっての当たり前とは違う世界を体験した生徒たちは、 お互いに支え合うことの大切さを学び、とても良い経験になりました。